どんなにお気に入りに部屋であっても、年月が経てば少しずつ老朽化します。

>
この記事をシェアする

プチリフォームを行う上での課題点

名仕上げの職人及び専門業者へ依頼する

良心的な専門業者に依頼出来たのであれば、様々なフォローを受けることが出来ると思いますが、先ほど述べたように実態としては悪質な業者であったり、技量・能力不足の業者も多々存在するのが実情です。
業者選びの一番のポイントとなるのは「工事費用の明瞭さ」です。
リフォームの依頼前に手軽に、費用目安を把握することが出来ます。
しかも、リフォーム工事が始まってから、追加料金が発生することもありません。
「交通費」などすべての諸経費も含まれた金額が提示されていますので、リフォーム工事に必要となるすべての費用を把握することが可能になります。
また、優良な業者は、「壁・天井のクロスのみ張替」「壁フローリングのみ張替」「キッチンのみ交換」「トイレのみのリフォーム」など、様々な部分修理(リフォーム)に対応しています。

マンションのプチリフォーム計画

壁のクロスや張り替えは簡単な作業に思われますが、年数が経過したマンションでは老朽化に伴い、壁のコンディションによって修復作業が必要になる場合があります。
既存の壁紙を剥がしてみるとカビで浸食が激しいような場合は、新しい壁紙を貼る前に、除カビの処理も必要になります。
浸食の進み具合によってはボードやコンクリート部の処理も必然となりますので、専門業者に相談の上、リフォーム計画を立てましょう。
プチリフォームは工事が短期間で済みます。
リフォームの工事期間は工事の作業導線がスムーズに使えるよう、家財や家具の移動や整頓を行いプチリフォームに備えましょう。
また、プチリフォームする際、最も重要なのが、リフォーム計画の際にマンションの管理規則に沿った工事の内容確認を怠らないようにすることです。


Copyright © 手軽に理想の家を手に入れる!プチリフォームのすすめ. All Rights Reserved.

TOPへ戻る