どんなにお気に入りに部屋であっても、年月が経てば少しずつ老朽化します。

>
この記事をシェアする

自分でできるプチリフォーム、アイデアや賃貸でもOKな方法

壁リフォームのアイデア例

部屋の壁をリフォームする際、壁の色や効果がたくさんあり、床材やドアの色調を合わせたり、組み合わせも幅広いのでどの厚紙を選んでいいのか迷ってしまいますよね!まずは、様々なリフォーム例を業者に確認しながら、どのような部屋にしたいかイメージを膨らませましょう。
部屋での過ごし方や配置する家具・インテリアから壁のイメージを決めて行くことがライフスタイルのあった壁のデザインを決定できます。
仕事で疲れて、帰った時に、まず先に壁の色が目に入る人はいませんか?自分好みの壁の色の自宅に帰宅すると疲れも吹っ飛ぶのではないでしょうか。また、カッティングシートは、壁面も貼ることは勿論、机や棚などの様々な機能性を持ったシートや、消音機能を持ったシートなど様々な機能性を持ったシートが販売されているため、用途に合わせた機能を選ぶことができ、手軽にイメージチェンジしたい方に人気があるそうです。

賃貸住宅でリフォームする際のポイント

多くの賃貸住宅では、退去時に壁や床などに傷が残ると原状回復費がかかります。
賃貸物件の場合は、原則としてリフォームできるところはほとんどないのが現状でしょう。
しかし、中には、大家さんに相談することでプチリフォームできる場合があるそうですが、退去時には元の状態に戻さなくてはいけないので、結構な費用がかかることになります。
壁紙を貼るなどの、DIYは許可が出る可能性があると思いますが、照明器具の交換、トイレの便座の交換などはまず、許可が出ないでしょう。
壁紙を貼るのも勝手にやると契約違反になる恐れがあるので必ず大家さんに相談しましょう。
また、ベニア板は好きなように加工できますので、ベニア板に色を塗るなど工夫をして個性を出すことも可能です。


Copyright © 手軽に理想の家を手に入れる!プチリフォームのすすめ. All Rights Reserved.

TOPへ戻る