ビッフェランチの本当の楽しさとは何なのか

>

よく見るビッフェランチでの光景

気軽に一流ホテルの味を楽しめる

まずビュッフェランチのいいところは、普段なら入れないようなホテルのレストランで食事を楽しむことができることです。

一流ホテルのレストランでのコース料理など、万単位の金額になり庶民にはなかなか敷居が高いのですが、ビュッフェランチならその半額以下の金額でホテルの料理を楽しむことができます。

それにビュッフェなら、コース料理のようにマナー云々を気にすることなく、友達や家族と楽しく料理を楽しめるのも嬉しいことです。
最近は沢山のホテルでビュッフェランチを開催していますし、季節ごとにメニューを変えたりして何回でも楽しむことが出来ます。
いつもと違う特別な場所で気軽に食事を楽しむ。
これもビュッフェランチの楽しみの大きな一つです。

ビッフェランチでよくある失敗とは

ビュッフェでよく見かけるのが、お皿に山のように料理をとって、それをテーブルに何枚も並べている人です。
確かに好きなものを好きなだけがビュッフェランチのいいところですが、いくら好きなだけといっても、人間は食べれる量が決まっていますし、ビュッフェだからといていきなり大食いになれるわけではありません。

美味しそうだからといってお皿に山のように料理を盛り、沢山の種類を食べたいから何皿も料理を並べる。
だからといってパスタを一人前の量を最初にとってしまったら、次の料理がお腹に入り余裕がなくなってしまうのではないでしょうか。

沢山食べようと頑張ってみたけれど、最初のサラダとパスタだけでお腹がいっぱいになり、残念なビュッフェランチになってしまった。
そんな経験はありませんか。


この記事をシェアする

TOPへ戻る