ビッフェランチの本当の楽しさとは何なのか

>

90分をどう考えるか

90分に焦る必要はない

ビュッフェというと制限時間がある所がほとんどです。
しかし、その時間も90分とけして短い時間ではありません。
にもかかわらず、時間制限があるというだけで、我先にと人を押しのけ料理をとり、競い合うように早食いをしている人がいます。

私たちは普段の食事にどのくらいの時間をかけているでしょうか。
食べる時間だけなら早い人なら10分、遅い人でも20分もあればよいのではないでしょうか。

食事の後、コーヒーとデザートを楽しみたいと思っている人でも、90分という時間があれば十分だと思います。
楽しい食事というのは美味しい料理というのはもちろんですが、そのお店の雰囲気や仲間との会話などすべてを含めての「楽しさ」だと思います。
ビュッフェランチといえども、ただ元をとる、沢山食べることだけに終始するのではなく、そのお店の雰囲気や友達との会話を楽しみながら、料理を堪能するのが本当のビュッフェランチの楽しみ方だと思います。

ビュッフェランチを楽しむ方法とは

昼間のワイドショーや夕方のニュース番組を見ていると、毎日のようにホテルや有名レストランのビュッフェを紹介しています。
地域や季節によってそれぞれ趣向を凝らしたビュッフェは、見ているだけで心が躍るものです。

実際にビュッフェに行ってみれば、馴染みのある料理はもちろん、なかなか口にする機会のない料理など、大きなテーブルに所せましと並んでいる料理の品々に、思わず感嘆の声が上がることでしょう。
いつもなら、好き嫌いしないで何でも食べなさいと言われている子供たちも、自分が食べたいものだけを好きなだけ盛ることができる。

とかくビュッフェというだけで、元を取らなきゃと半ば強迫観念にすら駆られてい人がいますが、自分の好きなものを好きなだけ、好きなように食べる。
それだけでも十分元はとれていると思いますし、ただ量だけを気にするよりも、ずっとビッフェランチを楽しんでいるし満喫していると思うのです。


この記事をシェアする

TOPへ戻る